HOME > WHAT’S JA > JAバンクとは

JAバンクとは

JAバンクってどんなグループ?

JAグループの各事業のうち、JA、信連、農林中金で構成されている信用事業のつながりをJAバンクと呼んでいます。北海道から沖縄まで約650のJAが全国各地で展開しています。

JA信連とは

信用事業の都道府県段階の連合会組織です。5つの事業を総合的に行うJAは、信用事業(金融事業)のみに注力することはできません。このため、都道府県段階のJA信連がJAの信用事業運営をサポートし、地域金融機関として高度で質の高い総合金融サービスを提供しています。

農林中央金庫とは

JAバンク(農業協同組合)、JFマリンバンク(漁業協同組合)、森林組合等の出資による協同組織の全国金融機関です。協同組織メインバンクとして金融の円滑化を図ることにより、農林水産業や国民経済の発展に貢献することを目的としています。また、総資産は100兆円を超える規模を誇っており、これは国内金融機関の中でも有数の規模となります。

JAバンク神奈川ってどんな組織?

JAバンク神奈川は、JAバンクのうち神奈川県の組合員や利用者の皆様に対し信用事業を行っています。県下13のJAと神奈川県信連を合わせた14の組織で成り立っています。神奈川県は県内に大都市が点在し魅力的なマーケットであるため、貯金量が1兆円超の大型JAが複数存在していることも特徴です。