文字サイズ

事業の概要

JA神奈川県中央会とは

JA神奈川県中央会は、JAグループ神奈川のメンバーであるJA(農協)、連合会を会員に、その健全な発展を目的として農業協同組合法に基づいて設立された組織です。

平成28年4月1日の改正農協法により、令和元年9月30日をもって、代表機能、総合調整機能、経営相談機能を扱う、非出資の農業協同組合連合会としての「新たな中央会」に移行しました。

神奈川県中央会は、幅広い事業を通して、神奈川県の農業振興と会員であるJA・連合会の発展に貢献し、農業・人・地域のつながりを大切にしています。

事業内容
  1. 会員の組織、事業及び経営に関する相談に応ずること
  2. 会員の求めに応じて監査を行うこと
  3. 会員の意見を代表すること
  4. 会員相互間の総合調整を行うこと
  5. 前各号の事業に附帯する事業
設立

昭和29年10月1日

本所所在地

横浜市中区海岸通1-2-2

事業所

教育センター(平塚市)

機構と主な事業内容
  1. 総務部
     会内の人事労務管理、職員教育、経理、庶務
  2. JA改革対策部
     JA改革支援、組合員組織強化対策、JAグループ総合企画
  3. 経営相談部
     経営企画・相談、労務管理企画・相談、情報システム企画
  4. 農政地域対策部
     農業政策確立対策、資産管理事業支援、農家経営相談、くらしの活動支援、高齢者福祉対策
  5. 営農企画部・営農サポートセンター
     営農企画、営農指導機能充実・強化、県域支援体制の整備・運営
  6. 教育部
     役職員教育活動・研修
  7. 役員室
     共通役員秘書業務、総会・理事会の開催
  8. 監査室
     中央会・連合会への監事監査の実施
  9. 広報局
     TVK番組・FM番組の企画・提供、日本農業新聞県版の編集、JAグループ神奈川誌の発行