HOME > WORK > JAバンク指導相談部 井出 慎太朗
PERSON04
金融業務のサポートや人材育成の側面から
県内JAの信用事業に貢献する
井出 慎太朗 Shintaro Ide
JAバンク指導相談部 指導相談班
2016年入会 経済学部経済学科卒
PERSON06
金融業務のサポートや人材育成の側面から 県内JAの信用事業に貢献する
井出 慎太朗 Shintaro Ide
JAバンク指導相談部 指導相談班
2016年入会 経済学部経済学科卒

私の地元は農業が盛んで、幼いころから農業を身近に感じていました。就職活動中は、生活のインフラを担う金融業界に興味がありましたが、その中でも、地元神奈川県の農業を支えられるという点に魅力を感じ、神奈川県信連への入会を志望しました。
入会後、事務部への配属を経て、2017年度から現在のJAバンク指導相談部に在籍しています。当部署は、JAの金融業務全般にわたる相談対応や、JAの健全性確保のための経営や事務に関する指導、JA職員の人材育成のための各種研修等を行っています。
今回は、その中で、私が主に担当している2つの業務についてお話させていただきます。

蓄積した知識をもとに、実務をサポート

まず一つ目が、JAの金融業務全般にわたる相談対応です。具体的には、県内JAから寄せられる法務や税務相談等の様々な問い合わせに対して、望ましい対応や想定されるリスクを回答するといったものです。相談内容は多岐にわたり、いずれも一問一答のように画一的に答えられるものではないため、非常に高度な専門知識が求められます。また、民法・農協法などの関連法やJAバンク独自の事務手続を踏まえつつ、迅速かつ的確に回答する必要もあります。
配属されて間もないころは、回答をするどころか、質問内容も理解できず、上司や先輩にサポートしてもらいながら、何とか回答をしていました。電話を取るたびに、どんな質問をされるのかドキドキしていたことを今でも覚えています。
それから、何度も対応を重ね、また、書籍や弁護士等の専門家から知識を吸収したことで、少しずつ相談者の意図が汲み取れるようになり、相談内容に対して迅速かつ的確に回答することができるようになりました。そして、私の回答に対して、JA職員の方から「ありがとう」と感謝の言葉をいただけたときは、非常にやりがいを感じることができました。
今では、私を指名して相談してくれるJA職員の方もいらっしゃるので、期待に応えるべく、日々知識習得に励んでいます。

研修を通じ、JAバンク神奈川の本部機能を果たす

二つ目は、JA職員向け研修の講師です。当会では、県内JAの職員の方にとって有益な研修を提供し、人材育成を促進することも重要な業務となっています。研修の提供といっても、テーマやターゲットの選定から始まり、内容の精査、専門分野における外部講師の選定など、研修全般にわたって関わることになります。
私は配属2年目から一部研修の講師を任されましたが、正直不安もありました。なぜなら、人にものを教えた経験がないことに加え、経済学部出身なので、法律の知識も多いわけではなかったからです。
限られた時間の中で、直近の法改正やそれに伴う実務の変更をしっかりと理解し、いかにJA職員の方に分かりやすく説明するかを意識しながら準備を行いました。上司や先輩のサポートもあり、研修を受講したJA職員の方が、終了後のアンケートに「わかりやすかった」「満足した」と書いてくださったとき、努力が報われたとともに、達成感を得ることができました。

幅広い知識を蓄え、
県内の農業・地域のために貢献していきたい

日々業務をする中で感じることは、当会の職員として必要なものは、様々な業務に対応できる幅広い知識であるということです。私はまだ2部署しか経験していないので、知識不足を痛感することもしばしばあります。
当会には、大きく分けて、JAへの様々な機能還元を担う「調達」、JAへの収益還元を担う「運用」、会全体を管理する「管理」の3部門があり、各部門を一定期間ごとに経験する「人事ローテーション制度」が設けられています。現在所属しているJAバンク指導相談部は「調達部門」にあたりますので、数年後には、「運用部門」や「管理部門」を含む、様々な部署を経験し、幅広い知識を身につけていきたいと思います。
その中でも、個人的には「運用部門」の「食農営業部」が行う新規就農者のサポートに非常に関心があります。例えば、企業に勤務していた方が農業にチャレンジしたくても、資金面に不安があって踏み切れないことがあります。当会は、金融と農業に関わる仕事をしているので、そういった人たちが一歩踏み出せるような手助けをすることができます。将来的には、当該部署にて他部署の職員やJA職員の方と様々な場面において情報交換を行い、自分なりの「新規就農者サポート方策」を構築していきたいと考えています。

一週間の仕事の流れ

月曜日


●JA支店の巡回

火曜日


●月曜日の出張報告書の作成、JAからの電話相談対応

水曜日


●JA職員向け研修の内容検討

木曜日


●研修の準備(資料の最終確認、研修会場準備等)、 JAからの電話相談対応

金曜日


●研修の実施(講師対応)、アンケートのとりまとめ