HOME > WORK > リスク統括部 水野 壮
PERSON06
システムは業務を遂行する上で不可欠な要素
事業の根幹に携わることで信連を陰から支える
水野 壮 Mizuno So
リスク統括部 システム管理班
2016年入会 社会イノベーション学部心理社会学科卒
PERSON06
システムは業務を遂行する上で不可欠な要素 事業の根幹に携わることで信連を陰から支える
水野 壮 So Mizuno
リスク統括部 システム管理班
2016年入会 社会イノベーション学部心理社会学科卒

システム更改の窓口担当に抜擢
責任ある仕事を任せられる誇りと喜び

リスク統括部は、貸出や有価証券の取引にかかるリスク管理、会内のコンプライアンス推進等、リスクマネジメント全般にかかる統括部署としての役割を担っています。その中で、私は「システム管理班」という会内ネットワークシステムを管理する班に所属しており、業務内容は職員が使用するパソコンの管理やホームページの更新、個人情報の保護等多岐に渡ります。ルーティン業務はほとんどなく、不具合が発生すればその都度解決に当たるなど、日々多様な業務に携われるのがこの部署の魅力です。

JAは全国統一のJASTEMという独自のシステムを運用しています。JASTEMは金融サービスの他、JA組合員の個人情報の管理、アカウント管理など多種多様な機能を備えていて、各部署の職員が業務を遂行するのに欠かせない基幹システムです。

そのJASTEMの大規模な更改が、私の入会以前より進行していて、私がこの部署に来た頃には最終段階にまでこぎ着けていました。私は県内のJASTEMを管理している神奈川県農協情報センターと連携しながら詰めの作業を担当。システムの中枢部分の更改ともなると影響範囲も大きいため、一つひとつの作業に慎重さが求められる中、無事に終えることができました。

稼働してまだ1か月ですが、かゆいところに手が届くようになり、作業効率は大幅に向上するはずです。このような大規模案件の窓口を担当できたことに誇りを感じましたし、若手でも責任ある仕事を任せてくれるJA神奈川県信連の懐の大きさには感服しました。

知識不足は親しみやすさでカバー
「話しやすい」との言葉に嬉しさが込み上げる

リスク統括部に配属される以前は事務部に所属していました。ITは少し苦手な分野でしたので、異動の話を聞いた時は正直戸惑いがありました。しかし、新たなスキルを磨くまたとない機会だと捉え、ひたすら業務に打ち込むことで少しずつ理解を深めていったのです。JA神奈川県信連には助け合う文化が根付いており、先輩方に手厚くフォローしていただけたのは有り難かったですね。

私が勤務しているのは横浜本所ですが、週に1回、厚木本所にも訪問し、システムが安定的に稼働しているか、何か困ったことは無いかなどを確認しています。知識が少ない分をどうやって補おうかと考えた結果、人が好きという自分の長所を活かし「話しやすい存在であろう」と心に決めました。すると、他部署の先輩から「親身に相談に乗ってくれてありがとう。話しやすくて気持ちがいい」という言葉をもらえたのです。まさに自分が意識していたことを褒められ、努力の方向が間違っていなかったことに嬉しさを感じました。

事業の根幹を担うシステム
今後は新たなシステムの構築を目指す

最近、取り組んでいる業務は過去に使用していた旧グループウェアソフトの廃棄です。昨年、職員の予定や出勤状況等を表示するシステムの刷新を行いました。旧システムには信連および県内JAに関する、重要かつ膨大な情報が登録されています。初めは簡単に削除できると思っていたのですが、我々では把握できないデータも多く、各部署に本当に削除して良いかを一つひとつ確認しながら進めています。多い部署では6000件ほどのデータがあり、全部署となると数万件。ようやくその業務が大詰めを迎えているのですが、改めて自分たちの扱っているデータの重さと情報管理の重要性を身に染みて感じている所です。

今後もしばらくはこの部署でスキル向上を図りたいと考えています。現在は「シンクライアント」というシステムの構築を検討中。導入すると重要データを個人の端末に保持することなくパソコンを利用でき、安全性が高まります。ゴーサインが出れば私がメインとなって推進することになっているため、非常に楽しみです。

取り組みたいことは山のようにありますが、自らを成長させながら少しずつ達成していきたいと思います。

1日の仕事の流れ

9:00

厚木本所へ出張
JASTEMがユーザに適正に操作されているか、防犯カメラは正常に動作しているかを確認。部署の要望を直接ヒアリング。

11:00

横浜本所へ帰社
朝できなかったメール確認などを行う。厚木で得た要望や情報を上司とミーティングで共有。

13:00

稟議書・帳表作成
システムの管理等に関する稟議を起案(現在使用しているシステムの更新や廃止)。各部署で使用するための情報が記載された帳表の作成を行う。

15:00

HPの更新、横浜部署の問い合わせ等対応
件数が多いため迅速に対応することを心がける。

16:00

1日の振り返り
返却された報告書等の確認、翌日のスケジュールの確認。