本文へジャンプ

【トピックス】相模原協同病院へ募金を寄贈

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスから【トピックス】相模原協同病院へ募金を寄贈

相模原協同病院へ募金を寄贈

  JAは413日、組合員や組合員組織、利用者並びに病院利用者らから寄せられた「相模原協同病院を守るための募金」13,363,224円を相模原協同病院へ寄贈しました。

募金は、新型コロナウィルス感染症の影響で経営が厳しく、かつ長期化している状況で感染症医療に尽力する、JAグル-プ神奈川の同病院と医療従事者への感謝の気持ちを伝えるため、14日~331日まで募金窓口を設け行ったもの。

小泉幸隆代表理事組合長は「いまだに収束が見えない新型コロナウィルス感染症の中で苦労を重ねながら働く医療従事者の皆さまには、JAグループ並びに多くの地域住民が感謝している。少しでもお役にたてれば」とねぎらいと感謝の言葉を伝えました。

 井關治和病院長は「支援いただき感謝している。依然として緊張状態が続く医療現場だが、皆さまからの温かいご支援、ご配慮を励みに、職員一同今後も地域医療のために尽くしていきたい。募金については、大切に利用させていただきたい」と話しました。
井關院長(右)へ目録を手渡す小泉組合長(左)(画像)
  井關院長(右)へ目録を手渡す小泉組合長(左)


ページの先頭に戻る