本文へジャンプ

ざる菊で描く「平和」

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスからざる菊で描く「平和」

ざる菊で描く「平和」


 新磯地区では、ざるを伏せたような形にたくさんの菊の小花が咲く「ざる菊」が今年も見頃を迎えました。地元のJA相模原市新磯支店管内組合員らの有志でつくる「新磯ざる菊愛好会」が主催。赤や黄色、白色など一面に咲き誇るざる菊は約1300株。毎年、市内外から多くの人が訪れ、見事な菊の色彩を楽しむ一大イベントとなっています。

 今年はコロナ禍の影響を受け、毎年文化の日に開いていた式典は、多くの人が密集するのを避けるため中止。畑は屋外のため3密になることはありませんが、会場入り口にはアルコール消毒液も設置し、感染拡大防止対策に取り組みながら展示しました。

 同会では、昨年から花の色の違いを利用し文字を表現する取り組みも始めました。昨年は新元号にちなんで「令和」。今年は世界のコロナ禍の終息と人々の幸せを願い「平和」の文字を採用しました。

 藤曲和美会長は「多くの方に協力をしていただいたおかげで、今年は株も大きく美しいざる菊に成長した。たくさんの方にこの美しいざる菊の姿を楽しんでいただけるよう努力し、長く愛される催しにしていきたい」と話しました。

ざる菊で描く「平和」(画像)
 「平和」を描くざる菊

ページの先頭に戻る