本文へジャンプ

免許返納後も生き生きと 電動シニアカー試乗会

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスから免許返納後も生き生きと 電動シニアカー試乗会

免許返納後も生き生きと 電動シニアカー試乗会


 相模原市中央区のJA相模原市田名支店では年金受取日の1015日、支店駐車場で電動シニアカーの試乗会を開きました。

 同支店管内面積はJA内で最も広く、主な移動手段は車やバスを利用する組合員が多い地区となっています。

 高齢者による交通事故増加などの社会的な問題を背景に、将来、運転免許を返納したあとも元気に農業や趣味を楽しんでもらうための選択肢にしてもらおうと今回、支店経済担当が提案しました。

 試乗には三輪と四輪の2タイプを用意し、シニアカーが走る歩道の起伏を想定したスロープも設置。メーカー社員が発進方法や安全な使い方などを説明した。

 年金受取日に合わせたこの日は多くの来店者が試乗会にも足を運び、15人が機能や乗り心地を確かめました。

 試乗した組合員は「初めてでも簡単に運転できた。近場の外出や買い物などにとても便利だと思います。今すぐ必要でなくても、将来の選択肢のひとつとして覚えておきたい」と話しました。

 同支店経済担当の小林雅樹主任は「運転免許を返納したあとも、地域の皆さんが今まで通り生き生きと暮らしていくお手伝いができたらうれしい。自宅に出向いての試乗も出来るので、まずは気軽に問い合わせてもらえたら」と話しています。

免許返納後も生き生きと 電動シニアカー試乗会(画像)
説明を受けながらシニアカーを試乗する組合員(相模原市中央区で)

ページの先頭に戻る