本文へジャンプ

お米一粒の大切さを伝える稲刈り-市立新磯小学校

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスからお米一粒の大切さを伝える稲刈り-市立新磯小学校

お米一粒の大切さを伝える稲刈り-市立新磯小学校


 JA相模原市新磯支店の組合員、臼井道子さんは、同市立新磯小学校が行う米作りの授業に10年以上前から協力し、児童に食べ物を大切する心を持つことを教えています。

 10月6日、今年も待ちに待った稲刈りが同校の水田で行われ、5年生児童約160人と保護者約20人が参加。稲刈りに先立ち、臼井さんは稲の狩り残しをしないことや、水田に落ちている稲穂一本も大切にすることなどを児童に話していました。

 作業では、児童が稲を刈る係、湿らせた稲わらで稲を縛る係などに分かれて作業。児童は鎌の使い方や力の入れ方などのコツを覚えるまで悪戦苦闘していましたが、すぐに慣れ、先生による「(稲を)起こす!揃える!刈る!」の掛け声に合わせ、児童は手際よく刈り取っていました。

お米一粒の大切さを伝える稲刈り(画像)
  児童へ食べ物を大切にするよう話す臼井さん

ページの先頭に戻る