本文へジャンプ

家畜の霊を慰める-畜霊供養祭

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスから家畜の霊を慰める-畜霊供養祭

家畜の霊を慰める-畜霊供養祭


 JA相模原市は926日、同市中央区上溝のJA全農ミートフーズ㈱神奈川工場で畜霊供養祭を開きました。同JA管内の畜産農家やJA役職員ら約20人が参加。

 畜霊供養祭は、JA管内で長い間営まれてきた畜産業に貢献してきた、牛・豚・鶏の霊を慰め、畜産業の発展を祈願するものです。

 供養祭は厳かな雰囲気の中、住職による供養の読経に続いて参列者がそれぞれ祭壇で焼香を上げ、静かに祈りを捧げていました。

 同JAの小泉組合長は「生産者の皆様が丹精込めて育てられた命をいただくことで、食を通じて我々の命をつなぐことができている。供養祭を通じ、改めて家畜に感謝していきたい」と話しました。







家畜の霊を慰める-畜霊供養祭(画像)
祭文を読み上げる小泉組合長





ページの先頭に戻る