本文へジャンプ

女性参画を目指すレディースセミナーを開講

現在位置:HOMEの中のJA相模原市とはの中のトピックスから女性参画を目指すレディースセミナーを開講

女性参画を目指すレディースセミナーを開講


 JA相模原市は9月20日、同JA本店で「女性学習『ステップアップ!Ladiesセミナー』」を開講しました。

地域の女性が、JAや協同組合活動について理解を深めるきっかけとすることや、「食」や「暮らし」に関する知識の向上などを目的に、各地区から集まった女性26人が受講します。

横浜港湾輸入倉庫の視察や、生活経済ジャーナリストによるマネープランの講演、JA常勤役員との意見交換会など、女性の視点からのJA運営参画を促す内容で、翌年2月までの毎月1回、計6回実施予定です。

第1回目は「JAについてもっと知ろう!」をテーマに、同JA職員が研修を担当。株式会社と協同組合の違いや、JAの役割、事業、組織などを説明しました。

研修の最後には、地場野菜や加工品などを賞品に、理解度を確認するためのクイズを出題。受講者同士話し合いながらクイズに挑み、会場は賑やかな笑い声にあふれていました。

受講者は「普段、女性会やサークルでJAを利用していても、『協同活動』を考えることはなかった。改めてJAの役割や大切さを考えるきっかけになった」と話しました。

JA組織相談部の金子顕三部長は「当JAの理念や協同活動の大切さを伝えつつ『参加して良かった』と感じていただけるような、工夫を凝らしたセミナーにしたい」と意気込みを話しました。







女性参画を目指すレディースセミナーを開講(画像)
JAについての知識を深める受講者





ページの先頭に戻る