JAグループ神奈川2022.05
2/12

1 JAグループ神奈川中央会第74回県農協大会決議にかかる動画公開農Sports!農Life!~各組織での幅広い活用を~~農畜産物でアスリートを応援するイメージ広告を神奈川新聞に掲載~ JAグループ神奈川では、農畜産物がアスリートの体づくりの大切な要素であると考え、平成30年度から本県にゆかりのあるアスリートを応援するイメージ広告を神奈川新聞のイマカナ面に月1回(第2木曜日)掲載してきた。 今年度の新企画「農Sports!農Life!」では、スポーツに励むシニアに、食や農にまつわる元気の秘訣を聞く。 今年、本県では「ねんりんピックかながわ2022」が開催され、全国からシニア世代の県代表の選手が集う。本企画では、ねんりんピックの出場予定選手や出場経験者を中心に取材。剣道8段を持つ83歳や、50歳台で自己ベストを更新したマラソンランナー、全日本サーフィン選手権大会で最高齢記録を樹立したサーファーなど、年齢に関係なくスポーツを心から愛し、軽やかにスポーツライフを楽しむ方々に、スポーツを続ける心と体を支える食と農に対する思いを聞く。 令和4年度も、引き続き本県にゆかりのあるアスリートを農畜産物で応援していく。 中央会は、令和3年11月25日開催「第74回県農協大会」で決議した「食と農と地域の未来を拓く協同組合運動の展開-持続可能な農業・JA経営基盤の確立に向けた自己改革の継続-」の内容を組合員・役職員と共有するため、動画「“つながり”と“たすけあい”で食と農と地域の未来を拓く」を作成し、JAグループ神奈川HPの大会決議のページで公開した。 同決議には、よりよい未来を拓いていくための県下JAの組合員・役職員の思いが込められている。動画では、このような思いをもって活動するJAの仲間を紹介しており、協同組合理念の普及資材としても、広報誌での紹介や研修会での視聴等、各組織で幅広い活用をお願いしたい。令和3年度イメージ広告「いいJAん!かながわ明日リート」実績掲載月競技名選手・チーム名4月陸上3千メートル障害吉村 玲美 選手5月女子サッカー山本 柚月 選手6月ビーチバレー坂口 由里香 選手7月陸上・十種競技原口 凛 選手8月アルティメット島 彰吾 選手9月チアリーディング県立住吉高校チアリーディング部 LANCERS10月パラ陸上・短距離階戸 健太 選手11月パラ水泳芹澤 美希香 選手12月トライアスロン安西 琴美 選手1月相撲遠藤 隆生 選手2月合気道武田 大雄 道場長3月グランドソフトボール神奈川県チーム神奈川新聞に掲載した過去の記事はJAグループ神奈川HPに掲載中!※ 動画の他、決議全文や簡便なリーフレットデータも掲載していますので、幅広くご活用ください。JAグループ神奈川HP大会決議ページはこちら2019年4月~2022年3月いいJAん!かながわ明日リート2022年4月~農Sports!農Life!取材を受けるアスリート

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る