JAグループ神奈川2022.03
9/12

JAグループ神奈川 8 子どもたちの交通安全の願いをのせたラッピングバスが走る!全国7カ所で3/1~31まで、横浜市営バスも JA共済連では、3月1日(火)から31日(木)まで、全国7カ所で全国小・中学生交通安全ポスターコンクールのPRとともに交通安全ポスターを通して子どもたちの交通安全への願いを乗せたラッピングバスを運行する。車体はパステルカラーの青色ボディーで目を引く。車両全体にコンクールの大賞作品と作品製作に取り組む子どもたちのインスタグラム画像(キャンペーンで応募があった画像)の写真と当コンクール応援キャラクターであるお笑い芸人コンビの“ティモンディ”を起用している。また、背面には、「交通安全はみんなでつくるものなんだ」の標語を記し、歩行者や自転車、ドライバーに交通安全を呼びかけている。この企画は、全国7カ所で実施するが、この一つに横浜市営バスが含まれており、横浜駅の周辺を運行する。 JA共済連では、引き続き交通安全啓発活動を展開して、安全・安心な地域社会の実現に向けて取り組む。WEBムービー『ティモンディの地域貢献レポート』を公開地域貢献活動アンバサダーのティモンディが体験を交えて紹介! JA共済連では、新たなファンづくりに向けて、全国各地で展開する地域貢献活動を通じて、持続可能な社会の実現(SDGs)に取り組んでいることを社会に発信している。その一環として、芸人・ティモンディとコラボし、JA共済 地域貢献活動紹介 WEBムービー『ティモンディの地域貢献レポート』を制作し、公開している。◇ティモンディが体験を交えて活動内容をレポート このWEBムービーは、「自転車交通安全教室」篇、「農作業事故体験VR」篇、「書道・交通安全ポスターコンクール」篇の3シリーズで、JA共済の地域貢献活動アンバサダーを務めるティモンディが体験を交えてそれぞれの活動の目的や内容などをレポートする。JA共済地域貢献活動ホームページ「ちいきのきずな」内の特設ページのほかに、YouTubeのJA共済公式チャンネルでも公開することで、より多くの方が視聴できる。◇「自転車交通安全教室」篇 「自転車交通安全教室」は、スタントマンによる交通事故の実演を通じて危険性を疑似体験してもらうプログラムで、日常生活で自転車の利用頻度が高い中高生を対象に、全国で実施している。今回のムービーでは、ティモンディの二人が、自動車と自転車の衝突事故の衝撃を間近で体験するとともに、その後のスタントマンとの対話を通じて、交通安全の意識の大切さを伝えている。◇「農作業事故体験VR」篇 「農作業事故体験VR」は、農機具を扱う当事者の視点から農作業事故を疑似体験できるVR装置で、それを活用した学習プログラムを全国のJAや農業関連団体などで展開している。今回のムービーでは、実際にティモンディがVR機器を装着してトラクターの転倒事故を疑似体験。農家の方に実際に起きたヒヤリ体験を聞くなど、日々の農作業に潜む危険と農作業事故を未然に防ぐ取り組みについて学ぶ。◇「書道・交通安全ポスターコンクール」篇 次世代を担う子どもたちの豊かな心を育むため、「全国小・中学生 書道・交通安全ポスターコンクール」を展開している。今回のムービーでは、過去の大賞作品を紹介するとともに、ティモンディの二人も書道に挑戦しそれぞれの夢を文字にして楽しみながら、次世代の子どもたちの文化支援を行うJA共済の取り組みについて伝えている。〇JA共済 地域貢献活動ホームページ「ちいきのきずな」内 特設ページhttps://social.ja-kyosai.or.jp/report-timon-d/〇YouTube JA共済公式チャンネル「自転車交通安全教室」篇  https://youtu.be/pEWHTrf83A8「農作業事故体験VR」篇 https://youtu.be/VvqyhEYrZEA「書道・交通安全ポスターコンクール」篇 https://youtu.be/y-yr1eBMmG0スタントマンによる自転車交通事故の再現を間近で体験VR機器を装着してトラクターの横転事故を疑似体験ティモンディの二人が書道・条幅に挑戦

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る