JAグループ神奈川2021.12
8/12

7 JAグループ神奈川 10月22日、JAはだの本町支所にてJA神奈川県厚生連の保健師による指導のもと「JA共済 保養健診」が開催され、8人が参加した。 各JAでは、コロナ禍でイベントが制限されており、令和2年度の保養健診の開催は全て中止。令和3年度も上半期は開催が見送られていたが、このたび2年ぶりに開催した。 今回の8人の参加者は、過去に保養健診に参加経験のあるリピーターが多く、保養健診の再開を楽しみにしていた。参加者のアンケートには「久しぶりに皆さんにお会いできて楽しかった。」、「自分の普段の生活に 保養健診は、①体力測定により身体機能をチェックすることで自己認識を促し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ「人生の質や社会的に見た生活の質」)の向上を目指した支援ができる。②体力測定の結果から生活フィットネスが低下しないよう、自ら予防や日常生活の改善を行うことができる。以上を目的に体力測定と健康講話・運動を実施している。共済連共済連共済連2年ぶりに開催された保養健診自己の身体機能を把握し、日常生活の改善に役立てられる健康は自分でと熱心に健康講話を聞く参加者がんばりコース〈半日〉の実施内容オリエンテーション目的・スケジュールの説明問診票の記入各自で体調などを問診票に記入血圧測定保健師による血圧測定問診問診票と血圧測定結果、本日の体調・痛みなどを確認し、体力測定の参加を決める準備運動ダイナミックストレッチ体力測定① 握力測定② 長座体前屈③ 開眼片足立ち④ Timed up-and-goテスト⑤ 上体起こし体力測定結果説明保健師による体力測定結果の説明健康講話・生活フィットネスについて・貯筋運動・金太郎体操取り込んで続けることが大事と改めて思いました。」、「次回も参加したい。保養健診の内容も良かった。」など喜びのコメントが寄せられていた。体力測定は生活フィットネスを考えるきっかけに

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る