JAグループ神奈川2021.07
11/12

JAグループ神奈川 10中途保証のご案内 隔月でお届けする本企画。7~8月は厳しい暑さや集中豪雨など天気が気になる時期。季節の移ろいを感じられる景色の変化とともに紹介する。 二十四節気発祥の中国内陸部では気温が下がり始めるが、日本では猛暑が続く。立秋からの暑さを〝残暑〟と呼ぶ。冷たいビールとの相性抜群である旬の味覚〝枝豆〟はアルコールの分解を促すビタミンB1やメチオニンが含まれており、肝臓の負担を和らげてくれる。 〝暑さが終わる〟という意味をもち、日中の蒸し暑さは残るが、朝夕には涼しい風が吹き、秋を感じ始める。稲に穂が実り、田んぼは次第に黄金に色づく。作物が実る一方、台風が多い時期でもある。気象予報が発達していなかった時代から、各地で五穀豊穣の祈りをささげた。季節を愛でる ~『二十四節気』~ 7・8月の二十四節気相続発生でお困りの時はご相談を! 各組合の資産管理事業の補完機能として賃貸住宅資金の中途保証を取り扱っています。(県内の組合員資格を有する者に限る) 相続発生により、連帯保証人であった相続人が債務者となり、JA規定による新たな連帯保証人の参加が困難な場合にご利用いただけますので、ご活用ください。 また、連帯保証人の死亡により連帯保証人がいなくなった場合も取り扱い可能です。 なお、本件利用の際には申込時の残高に対して保証料をいただくことになりますので、ご留意ください。《保証料率および徴収方法について》 保証料率:0.36%  徴収方法:一括前払いのみ(割引あり 割引率は10%) (例)保証金額5,000万円、保証期間20年の場合    徴収保証料 約116万円(一律保証料10,000円を含む。)となります。(実質保証料率0.19%) 年度別中途保証実績 〔金額単位:千円〕年度JA数件数当初実行金額引受保証金額H261243,00034,767H2715257,900148,747H281154,00019,036H2915236,400165,547H3023233,50084,646H310000R225230,20079,212 基金協会は公的保証機関として、農業者をはじめとする組合員の資産管理に対応するために、JAと連携し取り組んでいますので、どうぞご相談ください。立秋りっしゅう8/7-8/22処暑しょしょ8/23-9/6 梅雨明けを迎えるにあたり、集中豪雨が発生しやすい時期。日差しは次第に強くなり、蝉が鳴き始め、空には入道雲が湧く。田んぼでは丈夫な稲を育てるために欠かせない草取りや病害虫防除作業に追われる時期。県花である〝ヤマユリ〟も咲き誇り、甘い香りが漂う。 土から発散される熱気は蒸し暑く、夏草が生い茂り、山々の緑はこんもりと盛りあがる。トンボが飛び交う田んぼでは、穂先に小さな白い〝稲の花〟が咲く。夏野菜の多くは、水分やカリウムを豊富に含み、体にこもった熱を内側からクールダウンしてくれる効能がある。小暑しょうしょ7/7-7/21大暑たいしょ7/22-8/6基金協会広報局

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る