JAあつぎ 厚木市農業協同組合

MENU

2020年度 新採用職員募集

2018年入職
指導販売部 営農指導担当

採用情報掲示板
JAあつぎの採用情報にご興味をおよせいただきありがとうございます。
2020年(令和2年)度の採用募集については申込みを終了いたしました。
募集を再開する場合は、当ホームページにてお知らせいたします。
2018年入職小鮎支所貯金窓口担当

2018年入職
小鮎支所 貯金窓口担当

2017年入職南毛利支所共済窓口担当

2017年入職
南毛利支店 共済窓口担当

JAあつぎのトピックス
「JAあつぎ」は神奈川県中央部に位置し、厚木市・清川村を事業区域としています。農業に従事する組合員や地域の皆様の様々なニーズに対応するため、指導・経済・金融・共済などの事業を総合的に展開し、積極的に地域貢献活動に取り組んでいます。
 平成27年度には、新たな地域の拠点として、JAあつぎの新本所がオープンしました。新本所は、組合員をはじめ、地域の皆様の利便性向上や協同活動の拠点として活用されています。
 また、農業における3者(厚木市役所・厚木市農業委員会・JAあつぎ)の相談窓口を一本化するため、「厚木市都市農業支援センター」を開設し、都市農業における支援体制を強化しました。同センターでは、相談受付だけでなく、「農地の有効利用促進」、「農業者の生産基盤の強化」、「地産地消の拡大」を事業の柱に、6次産業化の推進や厚木ブランド、援農ボランティア制度の確立などにも取り組んでいます。
 平成28年度には、これまで以上に組合員の声を聴きとり、そのニーズに応えるためにTAC専任担当を各支所へ配置しました。TAC専任担当者が収集した意見・要望は担当部署に報告され、部署間で連携しながら組合員一人ひとりに応じた施策提案を行っています。
 また、農政については、政府の成長戦略のなかに揚げる「農業の成長戦略化(農協改革)」を受け、これまでのJAあつぎの事業活動を改めて検証し、組合員や地域の皆様からの意見・要望を踏まえた「自己改革プラン」を実行しています。今後も組合員の声を反映した事業運営により、質の高いサービス提供に努め、組合員満足度の向上と経営基盤の強化を両立することで、組合理念の実現に結び付けてまいります。
2018年入職経済部葬祭担当

2018年入職
経済部 葬祭担当

2015年入職金融共済部貯金窓口担当

2015年入職 
金融共済部 貯金窓口担当

女性の活躍推進に向けた取り組み
JAあつぎでは、女性職員が活躍できる雇用環境の整備を行うため、「職場づくり・人づくり」を念頭に行動計画を策定しています。(JAあつぎ行動計画 参照

育児休業を取得した多くの女性職員が職場へ復帰し、復帰後も出産後勤務体制支援のもと業務を行っています。今後も、女性が活躍できる職場づくりに取り組んでまいります。

採用担当者より
私たちJAあつぎの職員は「組合員のよきパートナー」として、JA事業を確実に遂行するとともに、組合員の協同活動を応援し、JAあつぎの思い(組合理念)を地域に広めていく役割を担っています。

そのためには、まず「相手の方が何を考え、何を求めているのか」を意識して行動すること、そして組合員や地域の皆様との対話や交流を通じて、一人ひとりのニーズに合った商品・サービスを提供するとともに、難しい課題に対して相談・指導を行い、強い信頼関係を築いていくことが求められています。

やりがいがある分、大きな使命や責任が伴いますが、経験豊富な上司・先輩からの適切な指導・アドバイスや、各種の研修・通信教育による知識の習得・資格の取得、また業務のなかで培われた組合員や地域の皆様との信頼関係により、自分自身を大きく成長させることができると思います。

当ホームページをご覧いただき、JAあつぎの採用選考についてご興味をお持ちになりましたら、組合セミナー(採用説明会)へご参加ください。
ページの先頭へ