JAあつぎ 厚木市農業協同組合

MENU

厚木産マスクメロン出荷開始

JAあつぎメロン部会


厚木産マスクメロンの仕上がりを確認する秋山部会長


JAあつぎ管内で7月1日から、厚木産マスクメロンの出荷が始まりました。厚木産マスクメロンは、種が少なく、肉厚な果肉が特徴です。

現在、JAあつぎメロン部会では、3人の部会員が合計3000平方メートルの面積で約5000玉を生産。部会対応の受注販売をはじめ、軒先に設けた直売施設やJA農産物直売所「夢未市」での直販など、部会員それぞれが販路を確立しています。

贈答品としても人気が高く、リピーターも多くいるなど、全国各地へ発送。出荷するメロンには、よりおいしくメロンを食べてもらいたいという思いから、食べ頃表示を表記。消費者目線に立った取り組みで、旬の一瞬のおいしさを味わってもらえるよう工夫しています。

     

    
ページの先頭へ