本文へジャンプ

忌避作物で所得向上を

 

荻野地区「コンニャク芋」栽培


生産者へ加工方法を教える生活技術顧問


JAあつぎ管内の荻野地区は、深刻化する鳥獣被害への対策として、忌避作物であるコンニャク芋の特産化に向けた新たな取り組みに着手しています。

3月14日には、今年のコンニャク芋栽培に向け、土づくりや植え付け方法、病害虫対策などについて営農指導員と営農技術顧問が指導。古くから栽培されている「在来種」と育成品種「あかぎおおだま」の違いや、生産性についても検討を行いました。

荻野地区では今後、コンニャク芋の特産化に向け、コンニャク部会の立ち上げや六次化の推進を進めるとともに、地域住民に向けた栽培から加工までの食農教育活動を企画するなど、さらなるPRを図っていきます。