本文へジャンプ

農業の担い手育成を促進

 

JAあつぎ農業塾を開講


トラクターの操作方法を学ぶ受講生


JAあつぎは、農業学習の場を提供し、新規就農者の育成を進めていこうと、2019年度の「JAあつぎ農業塾」を3月より開講しました。

同塾は2007年の開講以来、コース別の修了生は累計で約500人を超え、うち47人が新規就農。新たな担い手育成の場として、地域農業の発展に寄与しています。今年度も、基礎・応用コースと就農コース、新規就農コースを設け、計19人が受講します。

講義や圃場実習の他、県農業技術センターへの視察や農家実習を取り入れることで、より専門的な知識習得に努めていきます。