本文へジャンプ

地域農業支える新戦力初出荷へ

 

JAあつぎ「農業塾」の卒業生が直売所に初出荷


出荷時の注意点を確認するJA職員と卒業生


JAあつぎが地域農業の担い手育成を目的に開講する農業塾の卒業生3人が2月14日、JA農産物直売所「夢未市」本店への出荷を開始しました。

初出荷では、愛情込めて育てたニンジンやブロッコリー、ジャガイモ、ダイコンなどを店頭に陳列。JA職員から荷造りの方法やPOP(店内広告)の設置方法など、出荷時に注意点について指導を受けました。

JAは、就農を目指し実践的な経験を積む「新規就農コース」を2016年度に設置。出荷を始めた塾生は、1月下旬に新規就農者の資格を取得しました。