本文へジャンプ

地域住民へ温かい芋煮を振る舞う

 

南毛利地区「芋煮会」


芋煮を振る舞う委員ら


JAあつぎ南毛利地区運営委員会は1月26日、「ふれあい芋煮会」をJA南毛利支所で開き、地場農産物をふんだんに使った約300食分の芋煮を地域住民に振る舞いました。

サトイモやコンニャク、長ネギなどの地場農産物を使った具だくさんでさっぱりとした醤油味の芋煮は多くの地域住民に好評を受けました。

同日は、厚木産「はるみ」の試食をはじめ、直売所の特売やミニ機関車乗車体験も実施されるなど、大人から子どもまで幅広い年齢層が楽しめるイベントとなりました。