本文へジャンプ

親子で楽しく食と農を学ぶ

 

子育て支援ひろば「ひなた」


手作りの鬼のお面が完成


JAあつぎは、子育て世代に身近な集いの場を提供し、食農教育を実践するため子育て支援ひろば「ひなた」を開いています。

子どもたちの成長をサポートし、JAのイベントへの参加を呼びかけるなど、次世代とJAとのつながりを強めています。

1月21日には、「節分」をテーマに、地元で育つ大豆の紹介に加え、JAで販売する地場産の津久井在来大豆を使った「厚木産蒸し大豆」の試食や鬼のお面作りなどを行いました。