本文へジャンプ

地場農畜産物の消費拡大へ

 

睦合地区「大なべ祭」


大鍋で具だくさんの豚汁を作る委員


JAあつぎ睦合地区協同活動推進委員会は1月19日、地場農畜産物を使った汁物を振る舞う冬のイベント「大なべ祭」をJA睦合支所で開きました。

毎年多くの人でにぎわい、地域で生産される地場農畜産物や地産地消の大切さを伝え、地域とのつながりを深めています。

来場者は、地場農畜産物を使った「夢未スープ」や豚汁、おしる粉、管内で本格的に栽培が開始された米「はるみ」などを味わいました。この他、女性部ボランティアグループ「ゆめみ隊」によるよさこい「よっちょれ」の踊りなどの催しを楽しみました。