本文へジャンプ

食と農のつながりに理解

 

小鮎地区農考会「新そば味覚会」


園児に製麺機を使った工程の一部を教える会員


地域の農業者ら約40人で構成し、JAあつぎ管内で活動する小鮎地区農考会は12月7日、厚木市飯山のJAあつぎ小鮎支所で「新そば味覚会」と題した試食会を開きました。

試食会では、会員や園児に加え、地域の高齢者やJAの常務理事など、100人以上が会場に集まりました。

会員がそば打ちを実演した後、園児も製麺機を使った工程の一部を体験。打ちたてのそばに、地場農産物を使ったかき揚げをのせ、旬の味を楽しみました。