本文へジャンプ

子どもたちが手作りの喜びを味わう

 

JAあつぎ青壮年部相川支部


団子作りを教わる子どもたち


JAあつぎ青壮年部相川支部は12月4日、管内保育園児を対象に開く水稲の栽培体験教室で子どもたちが栽培、収穫した米を使った団子作りを行いました。

同教室では、発砲スチロールを使った田植えや稲刈り、加工品作りに取り組みました。6月に同支所で移植体験を行った水稲苗は、順調に生育し、10月に子どもたち自らが鎌で収穫しました。

当日は、同支部の部員や女性部員らが子どもたちに団子作りを指導。子どもたちは一生懸命作業を行い、完成した団子を試食し、笑顔で収穫の喜びを味わいました。