本文へジャンプ

交通安全啓発へ職員に運転講習

 

交通安全講習会


特殊ゴーグルで飲酒した状況の危険性を学ぶ職員


年末年始の事故防止に向けてJAあつぎは11月12日、厚木市恩名の厚木市文化会館で職員を対象とした交通安全講習会を開き、327人が参加しました。

講師は、厚木警察署交通第一課長の五味健一郎氏が務め、厚木警察署管内の交通事故状況や事故が発生しやすい状況、「ながらスマホ」運転の危険性などについて説明しました。

年末年始は、飲酒の機会も増えることから、飲酒をした状況を再現できる特殊ゴーグルを使い、飲酒が及ぼす影響を職員が体験するなど、飲酒運転の危険性を学びました。