本文へジャンプ

次世代を担うリーダーの育成を

 

組合員講座(基礎講座)を開講

加工品について意見交換する参加者とJA職員

JAあつぎは、幅広い視野に立った次世代を担う組合員リーダーの育成を目的に「組合員講座(基礎講座)」を10月20日に開講しました。今年度の受講生は11人。来年2月まで5回の講座を開き、JA・農業に対する理解促進と積極的な運営参画を促していきます。

カリキュラムでは、JAを巡る情勢に加え、組合員の役割や都市農業の現状・取り組みなどを学びます。県内視察研修を取り入れることで視野を広げ、JAへの理解や協同活動の重要性など、幅広い知識習得に努めていきます。

JA本所で開いた第1回目の講座では、JAの事業概況の他、農協改革や自己改革、協同組合について説明を行いました。この他、JA農産物直売所「夢未市」で販売する加工品の試食会も実施。加工品の販売促進に向け意見交換を行いました。参加者は、消費者としての目線から、見た目や味付け、ニーズについて活発に意見を出し合いました。参加者の意見・要望は、「夢未市」にフィードバックし、今後の調理方法や商品開発に生かしていきます。