本文へジャンプ

安心して暮らせる地域づくりに一役

 

ガス業務での「ふれあい訪問」を実施

メーターの安全装置について説明するJA職員

JAあつぎは、総合事業の一つとして、地域のインフラを支えるガス業務を行っています。多発する台風や地震などの自然災害を受け、組合員・利用者が安心してガスを利用できるよう、点検や情報提供を行う「ふれあい訪問」に力を入れています。

「ふれあい訪問」は、JA職員が組合員・利用者宅を訪問し、緊急時の対応方法や連絡先などの案内に加え、メーターやボンベまわりの点検を行います。

このほか、ガス以外にも万一の災害に備えた緊急避難用具チェックリストなども配布するなど、防災意識の徹底を組合員・利用者に促しています。