本文へジャンプ

安全な農薬使用のためマスク着用を

 

青壮年部主催三組織合同研修会

農薬用マスクの説明を聞く参加者

JAあつぎ青壮年部は9月25日、適正な農薬使用を推進し、農薬散布による事故防止につなげてもらおうと「青壮年部主催三組織合同研修会」を初めて開き、青壮年部、厚木市農業経営士会、厚木市青空クラブの部会員20人が参加しました。

当日は、三光化学工業株式会社の担当者が講師を務め、「農薬適正使用研修会」と題して講演を行いました。

参加者は、農薬散布時のマスク着用の必要性や、粉剤・液剤や土壌くん蒸などの用途別に使用するべきマスクの特徴を学んだほか、実際にマスクを着用し防塵性を体感しました。