本文へジャンプ

食の安全・安心と消費拡大を訴える

 

みんなのよい食プロジェクト街頭PR運動

農業の多面的機能をPR

JAあつぎ農政対策委員会は7月24日、本厚木北口広場にて「みんなのよい食プロジェクト街頭PR運動」を実施しました。同運動は、2008年より全国で取り組み、食の安全・安心や地場農畜産物の魅力をPRし、地産地消に対する理解を広げようと、役職員・組合員が一丸となり活動を展開しています。

当日は、厚木産タマネギの無料配布のほか、農業が持つ多面的機能PRチラシやアンケート兼厚木地粉うどん引換券を配布し、JA農産物直売所「夢未市」へ来店するきっかけづくりにつなげました。

今後も、安定的な農業継続に向けて、地域とのつながりを意識し、「食」と「農」に対する積極的な働きかけを続けていきます。