本文へジャンプ

皆で楽しみ学ぶ体験農園

 

JAあつぎ荻野地区「おぎの体験農園」

ジャガイモを収穫する親子

ジャガイモを収穫する親子

JAあつぎ荻野地区運営委員会が教育文化活動の一環として開く、組合員と地域住民を対象とした「おぎの体験農園」が6月23日に開かれ、20組50人が参加しました。

当日は、作付けを行っているジャガイモの収穫祭を行い、収穫したジャガイモを女性部員が「カレーライス」と「ポテトサラダ」として参加者に振る舞い、食と農のつながりや新鮮な地場農産物ならではの魅力を伝えました。

同活動では、遊休農地を活用した農産物の栽培体験をはじめ、加工技術を学ぶなど、食と農を織り交ぜた計13回のカリキュラムを実施する予定です。