本文へジャンプ

自立した暮らしをサポート

 

いきいき福祉教室

歩行補助車を使用する参加者

歩行補助車を使用する参加者

JAあつぎは、地域住民を対象に「いきいき福祉教室」を開き、健康や介護、福祉に関する情報を発信しています。

5月25日には、同JA本所で「福祉用具について知ろう!」と題した講座を開き、地域住民8人が参加。地域住民に変化する福祉用具について理解を深めてもらい、要介護者や介護に携わる者が安心して生活ができる地域づくりを進めていく目的で開催されました。

株式会社メディケアー厚木事業所の佐藤洋己氏を講師に招き、福祉用具の紹介をはじめ、福祉用具の助成金制度、手すりや段差解消などの住宅改修について説明を受けました。参加者は、特殊寝台(介護用ベッド)と歩行補助車、歩行補助杖を実際に使用し、利用者の症状や使用環境に合った福祉用具の選び方とその機能について学びました。