本文へジャンプ

厚木の名産が新たに誕生

 

ゆめみちゃんアイスがあつぎ食ブランドに認定

湘南ベルマーレ体育巡回授業

小林市長より認定書を授与されたJAあつぎの清水常務㊨

厚木市が取り組みを進める「あつぎ食ブランド(愛称=あつぎOEC(おいしい)フード)」に7品目の食品が追加され、3月8日に市役所で認定書交付式が開催されました。JAあつぎでは、農産物直売所「夢未市」のオリジナルジェラート「ゆめみちゃんアイス」が初めて認定されました。

あつぎ食ブランドは、市のシティセールスの一環として設けられた制度。近年の「食」に対する関心の高まりを受け、市が誇る食資源を内外に情報発信することで、市の知名度やイメージアップにつなげます。認定商品は、都道府県以上の食のコンテストなどで入賞したものという条件で公募し、市内の商・工業者や学識経験者などで作る選定委員会が選定基準を基に審査・選定しました。

JAあつぎの初の認定商品となったオリジナルジェラート「ゆめみちゃんアイス」は、新鮮な地場農産物を惜しみなく使い、素材の味を楽しむことができます。メニュー開発から製造・販売・売り場のイメージ作りまで女性スタッフの発想が生かされています。これまでに100種類以上のフレーバーが販売され、自宅でも楽しめるカップアイスも人気を集めています。

認定された商品は今後、市のホームページやリーフレット、情報誌、メディアなどを通じて積極的にPRされます。JAあつぎでは、4月6日から8日までの間、夢未市本店・相川店、グリーンセンターにて認定記念イベントを開催する予定です。