本文へジャンプ

地産地消の重要性を伝える

 

みんなのよい食プロジェクト街頭PR運動

yoisyokupurojekutogaitopiaruundo

歩行者や駅利用者に地粉うどんを配布

JAあつぎ農政対策委員会は2月20日、食の安全・安心や地場農畜産物の魅力をPRし、地産地消への意識を地域に広げようと、本厚木駅前で「みんなのよい食プロジェクト街頭PR運動」を行いました。

当日は、JAの直売所に関するチラシを配布し、直売所ならではの魅力をPRしたほか、管内で生産する小麦を使ったJAあつぎオリジナル商品「厚木地粉うどん」を配布。商品の食味や生産状況についての説明を行いながら、管内の安全・安心な地場農畜産物の魅力と地産地消の重要性を伝えました。

JAあつぎでは今後も、安定的な農業継続に向け、食と農に対する積極的な働きかけを行っていきます。