本文へジャンプ

地場産花きの魅力を発信

 

厚木市園芸協会花き温室部会

ennkyouhurawa-arennjimenntokyousitu

内田部会長から配置のポイントを学ぶ参加者

厚木市園芸協会花き温室部会は、花や緑に親しみ、地場産花きの魅力を知ってもらおうと、積極的な活動を展開しています。

12月11日には、市民の交流拠点となっている複合施設「アミューあつぎ」を会場とし、厚木産の切り花を使った「フラワーアレンジ教室」を開き、地域住民46人が参加しました。

教室では、部会員と部会婦人部員の計8人が参加者をサポート。部会員が生産したバラやカーネーションなどを用意しました。参加者は、茎の長さや色合い、花の配置などを考えながら作業を進め、色合い豊かな温かみのある作品を完成させました。