本文へジャンプ

教育文化活動のさらなる充実に向けて

 

家の光三誌購読者のつどい

ienohikarisannsikoudokusyanotudoi
歌謡ショーを楽しむ参加者

JAあつぎは9月6日、厚木市文化会館で「家の光三誌購読者のつどい」を開き、家の光三誌年間購読者が参加しました。

2015年よりスタートした同取り組みは、食と農、暮らし、協同、家族を基本テーマにした家の光三誌の活用方法を明確にし、JAあつぎが進める教育文化活動における教本としての位置付けをより強化するとともに、購読者への日ごろの感謝を込めて開いています。

当日は、家の光購読部数報告・活用事例報告をはじめ、東京農業大学ウインドオーケストラ部による演奏会や芸能人による漫才、歌謡ショーを行いました。活用事例報告では、記事を活用した、料理講習会や手芸などを通じて、教養を深めるとともに食と農への理解促進につながる取り組みを紹介しました。