本文へジャンプ

厚木産米のブランドイメージ向上へ

 

JAあつぎオリジナル商品「ぬれかり煎」

ぬれかり煎
人気の「ぬれかり煎」

7月下旬よりJAあつぎオリジナル商品「ぬれかり煎」の販売を開始しました。JAあつぎでは現在、自己改革プランの具体的取組方策として「管内農産物の特産化や6次化による付加価値のある商品の開発を行い、販売価格を上げ、農家所得向上につなげる」ことを掲げています。

今回発売した「ぬれかり煎」は、かながわブランドに登録される「あつぎせせらぎ米」のブランドイメージ向上とともに、水稲農家の所得向上に向けた新たな施策として期待が掛かかります。

原材料として使うのは、豊富な水資源に恵まれる厚木で育った「あつぎせせらぎ米」。その中でも、厳選されたキヌヒカリの1等米のみを使用しています。ぬれ煎餅のような甘辛いタレにカリッとした絶妙な食感が特徴。人の手の温もりを大切に、手焼き・手作りの製法で作り上げています。品質の高い米を使うことで、米本来の風味と旨みがたっぷり染み込んだこだわりの1枚となっています。

「ぬれかり煎」は、JA農産物直売所「夢未市」本店・相川店、グリーンセンターにて販売中。1袋110グラム350円(税込)。9月末までは、新発売記念の特別価格として298円(税込)で販売していきます。