本文へジャンプ

夏休みに食と農を学ぶ

 

JAあつぎ夏休み収穫体験ツアー

収穫体験ツアー
トマトを収穫する子どもたち

JAあつぎは食農教育事業の一環として、毎年夏休みに管内の小学校4年生から6年生を対象に「夏休み収穫体験ツアー」を開いています。

このツアーは、子どもたちに自然とのふれあいを通じて「食」の大切さや「命」の育みを学んでもらうとともに、学校や学年の枠を超えた交流を深めることで、自立心や社会性を身に付けてもらおうと企画。JAならではの食農教育活動として、毎年多くの参加者が集まっています。

8月2日と3日には、今年で10回目となる「夏休み収穫体験ツアー」を開き、148人が群馬県を訪れました。

初日は、群馬県渋川市にある伊香保グリーン牧場で、バターづくり体験と牧羊犬が羊の群れを牧柵に追い込むシープドックショーを観賞。乳製品について理解を深めるとともに、羊や牧羊犬などの動物と触れ合い、命の尊さを学びました。2日目は、夏野菜や桃の収穫、ニジマスのつかみ取りなどを行い、おいしい野菜の見分け方や木にどのように桃が実るかなどを学びました。