本文へジャンプ

准組合員と地域農業をつなぐ

 

准組合員対象に料理講習会

kannseiwoyorokobu

完成を喜ぶ講師と参加者 

JAあつぎは7月18日、地域農業を支えるパートナーである准組合員に、地産地消の重要性とJA事業への理解を深めてもらうことを目的に、准組合員対象の「和懐石料理講習会」を開きました。

当日は、JAが委嘱する「ふるさと先生」の牧田啓子さんが講師を務め、だしの取り方や飾り切りなど、和食の基本を指導しました。

参加者は、ナスの揚げ物やカボチャの煮物など、旬の野菜を使った料理のポイントとともに、盛り付けの仕方も学びました。