本文へジャンプ

良質なメロンが最盛期を迎える

 

厚木産マスクメロン出荷開始

masukumeronsyukkakaishi
仕上がりを確認する部会員の堀池篤さん

JAあつぎメロン部会の部会員が栽培する厚木産マスクメロンの出荷が7月1日から始まりました。

現在、3人の部会員が合計3,000平方メートルの面積で約5,000玉を生産しています。部会対応の受注販売をはじめ、軒先に設けた直売施設や夢未市での直販など、部会員それぞれが販路を確立。贈答品としても人気が高く、リピーターも多くいるなど、全国各地へ発送しています。

今年は、日照不足などが懸念されましたが、交配後は晴天が多く、積算温度を確保することができたことから、ほぼ例年通りの出荷が開始。ネットや玉伸び、形状ともに良好で、糖度も十分な品質の高いメロンに仕上がっています。