本文へジャンプ

子どもたちに水稲の栽培を指導

 

JAあつぎ青壮年部相川支部「相川保育所ミニ水田」

aikawahoikusyominisuiden
植え方のポイントを教わる子どもたち

JAあつぎ青壮年部相川支部は6月22日、相川保育所の子どもたちを対象に、水稲の栽培体験教室を夢未市相川店の店舗前で開きました。

同活動は、地域密着型の食農教育として2010年にスタートしました。農業を身近に感じてもらい、土に触れる喜びを実感してもらおうと行っています。

当日、子どもたちは発泡スチロールを水田に見立て、田植えを体験。青壮年部員に苗の本数や植え方を教わりながら一生懸命作業を行いました。苗を植えた発砲スチロールは、子どもたちが生育状況を観察できるよう、夢未市相川店の前に展示しました。