本文へジャンプ

地域農業に触れる機会を提供

 

おぎのわくわくアグリツアー

oginowakuwakuaguritsua
酪農家から説明を受ける児童

荻野地区運営員会は6月17日、同地区管内の小学生を対象に、「食」と「農」の大切さを学び、地域農業へ触れてもらおうと「おぎのわくわくアグリツアー」を開催しました。

参加した児童は、市内の農家3軒を訪問し、ジャガイモ掘り体験をはじめ、酪農やアイガモ水田を見学。生産者に対して、日頃疑問に思うことや自分たちの食卓へどのように届くかなど、質問をしながら農業に対する理解を深めました。

このほか、夢未市本店で農産物の対面販売を行うなど、生産から販売に至るまでの過程を学びました。