本文へジャンプ

水稲苗の適期供給へ

 

水稲育苗センターが稼働開始

suitouikubyousenntakadoukaishi
種もみの量を入念に確認

田植えの時期を間近に控え、JAあつぎ水稲育苗センターが4月30日に稼働を開始しました。

第1回目の播種では、協力組織である厚木市営農集団協議会と連携し、床土や覆土の厚さ、種もみの量、機械の動作などを入念に確認。受注者の意向に沿った適期供給に向け、今年度のスタートを切りました。

今年は、「キヌヒカリ」や「さとじまん」、「はるみ」など計5品種、49,492箱を生産し、6月初旬までにすべての配送が完了する予定です。