本文へジャンプ

秀品生産に向け技術を学ぶ

 

果樹の接木講習会

kajunotsugikikousyuukai
接木のポイントを教わる参加者

JAあつぎは3月14日、果樹の新品種への更新を促し、良質な果実の生産と生産拡大に向けた接木技術を伝えようと接木講習会を初めて開きました。

当日は、各地域の生産者38人が参加。講師は、指導販売部営農指導課の佐藤政吉営農技術顧問が務めました。

講習会では、台木と穂木の作り方や接木の方法、病害虫防除などを説明。圃場(ほじょう)の柿の木を使い、接木テープを用いた接木方法を実演しました。