本文へジャンプ

農業を通じて地域の活性化を図る

 

睦合地区協同活動推進委員会「大なべ祭」

大なべ祭
具だくさんの豚汁を販売

睦合地区協同活動推進委員会では、地元の農業に対する理解を広げ、地域住民との交流を深めることを目的に、組合員とJAが一体となった協同活動を展開しています。

1月21日には、地域農業と地産地消に対する理解促進を図るため毎年行っているイベント、「大なべ祭」を睦合支所で開きました。

同委員が中心となって提供した地場産野菜を使った「夢未スープ」の無料配布に加え、豚汁や焼うどんを販売しました。

SL愛甲会によるミニSLに加え、ゆめみ隊によるバルーンアートやスコップ三味線が披露されるなど、多くの催しによって地域住民を迎えました。