本文へジャンプ

食と農のつながりを実感

 

管内小学校で水稲栽培を指導

echiminamihureaisuidenn

稲の結束方法を学ぶ児童ら

JAあつぎと組合員が連携した水稲の栽培体験教室が10月11日、厚木市下依知にある「ふれあい水田」で開催されました。

この取り組みは、JAあつぎ依知南支店管内生産組合や依知南小学校PTA等が中心となり、小学校の児童に、食の大切さやそれを支える農の役割に対する理解を深めてもらおうと開催しています。

当日は、依知南小学校の5年生と6年生が鎌で稲を収穫。収穫した稲をわらで結束し、掛け干しまで一連の作業を体験しました。児童は、組合員や役職員の指導により、一つ一つ丁寧に作業を進めました。農業機械を使わずに、自分たちの手で収穫することで、農業の大変さや農家の苦労などを学びました。