本文へジャンプ

こだわりのみそが完成

 

JAあつぎ荻野地区女性部「津久井在来大豆みそ造り」

oginochikumisozukuri

完成したみそを取り分ける女性部員

JAあつぎ荻野地区女性部は10月2日、今年の2月に仕込み、8カ月間管理したみその完成品の取り分け作業を荻野支所で行いました。津久井在来大豆40㌔を使い、厚木産キヌヒカリの米麹40㌔で発酵させて約150㌔のみそが出来ました。

今年はカビの発生も少なく、色や香りが良い上質なみそに仕上がり、自宅での料理やJAのイベントなどで使用されるほか、JAの大貫盛雄組合長へ寄贈しました。

misozoutei

大貫組合長に完成したみそを贈呈