本文へジャンプ

地場の食材で健康的な食生活を

 

第8回JAあつぎ家の光クッキング・フェスタ

ienohikarikukkinngudesuta

料理を取り分ける女性部員

JAあつぎ女性部は10月5日、本所で「家の光クッキング・フェスタ」を開き、女性部員や女性大学「夢未スクール」の受講生、役職員ら約100人が参加しました。

地産地消や食と農の大切さを再確認するとともに、健康的な毎日を送るためのバランスの摂れた食生活について意識を高めてもらおうと毎年開催。各地区の部員が、一般社団法人家の光協会が発行する「家の光」等に掲載されたレシピを参考に調理した料理を持ち寄ります。

会場には、管内で生産された農畜産物をふんだんに使った料理、計8品が並び、試食のほか、作り方のポイントやレシピのアレンジ方法、使用した食材の効能などを紹介し、地場農畜産物の利用を呼び掛けました。