本文へジャンプ

生産者自らが情報を発信

 

親子でウインナー作り

uinnnadukurikousyuukai
羊腸に肉を詰める作業を行う参加者

JAあつぎは、「食」と「農」の情報発信基地として農産物直売所「夢未市」に研修交流室を設置し、地場農畜産物の消費拡大に向けた各種料理講習会を積極的に開いています。旬の食材や季節の行事に合わせた料理講習会をはじめ、生産者自らが講師となって開く講習会が人気を集めています。

11月23日には、地元の有限会社臼井農産の臼井スミ子さんと河野友和さんが講師を務め、「親子でウインナー作り」をテーマとした講習会を開きました。

当日は、親子31人が参加し、地元の新鮮な豚肉を使ってウインナー作りに挑戦。参加者は、豚肉を練る作業や絞り袋を使って羊腸に肉を詰める作業を行いました。