本文へジャンプ

買い物支援へ力を発揮

 

「夢未市ふれあい移動販売」がスタート

夢未市ふれあい移動販売
多くの来場者でにぎわう会場

JAあつぎは、高齢化の進行をはじめ、居住地域の流通機能や交通網の弱体化が進む中、食料品や日用品等の買い物支援に力を入れていこうと「夢未市ふれあい移動販売」をスタートさせました。

同移動販売は、毎月第2・4火曜日に実施します。午前10時30分からは、同市宮の里にある宮の里支店にて行い、午後2時からは2つの福祉施設を回ります。

11日の初日には、管内で生産されるトマトやキュウリ、柿などに加え、かながわブランドに登録される「あつぎせせらぎ米」や洗剤、ティッシュなどの日用品等を販売しました。

今後は、利用者ニーズの把握と利用状況を検証し、移動販売先を模索しながら、さらなる定着化を目指していきます。