本文へジャンプ

スポーツを通じて交流深める

 

JAあつぎソフトボール教室を開催

厚木産マスクメロン
力強いバッティングを見せる児童

JAあつぎは8月24日、地域貢献活動の一環として、管内の児童とその保護者を対象としたソフトボール教室を市営及川球技場で開きました。

これは、“ソフトボールの街”厚木としてのスポーツの振興とJAのPRに加え、スポーツを通じて地域住民の健康で心豊かな暮らしの実現をサポートしようと企画。講師に、全国大会出場常連の強豪校で、神奈川県代表として夏のインターハイに出場した県立厚木商業高等学校女子ソフトボール部の監督と部員を招くなど、地域と連携した取り組みとして継続的に実施しています。

当日は、年齢別に「実践」と「親子」の2教室を設け、約60人が参加。実践教室では、投球ホームや守備方法、バッティングなど実技を交え、一人一人丁寧に指導を受けました。親子教室では、ボールを利用したレクリエーションやゲームなどを企画し、交流を深めながら親子でソフトボールを楽しみました。